ヘッダー

山梨県内のイベント情報。
Column0
{column0}
ギャラリー 5月17日号
●PR情報
金井聰和展「つぶとつぶて」

金井さんの作品

金井さんの作品「アムリタの庭」 (iGallery DC提供)

23日から6月9日までの木~日曜、笛吹・iGallery DC。金井さんは神奈川県川崎市生まれ。多摩美術大絵画科陶コース卒。陶による立体作品、14点を展示。問い合わせ・同ギャラリー☎055(262)0309
小出健治油彩画展

小出さんの作品

小出さんの作品「春の里」F4 (ギャラリーこいで提供)

19日まで北杜・ギャラリーこいで。八ケ岳山麓の四季の風景や花などの静物を描いた油彩画約30点を展示。問い合わせ・同ギャラリー☎0551(32)7034
今井和世絵画展



今井さんの作品(ギャルリーアビアント提供)

6月10日までの金~月曜、北杜・ギャルリーアビアント。今井さんは同市長坂町在住の水彩画家。2011~12年にデンマークに留学後、版画制作も始める。草花やチョウ、鳥などをモチーフにした心象風景とアイスランドの馬を題材にした版画など約30点を展示。問い合わせ・同ギャラリー☎0551(36)4678
第48回白涛会美術展

22日から26日まで県立美術館県民ギャラリーA・B。無料。県内公募の入選作と会員の作品を展示。油彩画、日本画、立体など。問い合わせ・同会事務局の七沢さん☎055(252)2443
平成31年度春季コレクション展

26日まで県立美術館ミレー館。一般510円、大学生210円、高校生以下と65歳以上無料。ミレー館展示構成の一新によりパネル展示なども充実。問い合わせ・同館☎055(228)3322
平成貨幣展~貨幣に刻まれた平成の歴史

30日まで甲府・山梨中銀金融資料館。金、土曜休館。無料。記念貨幣「天皇陛下御在位20年記念」など、同館が所蔵している平成に製造・発行・流通した貨幣をパネルや年表と共に紹介する企画展。偽造防止技術などについても解説している。問い合わせ・同館☎055(223)3090
5月10日号
石本光男展~佇む

石本さんの作品「佇む」

石本さんの作品「佇む」油彩(古春堂画廊提供)

18日から27日までの土~月曜、甲府・古春堂画廊。取り残されたように佇む小屋などを描いた油彩画を展示。問い合わせ・同画廊☎090(3962)2410
5月3日号
今村照広版画展



今村さんの作品(今村さん提供)

11日から19日まで甲府・三彩洞画廊。月曜休廊。今村さんは春陽会会友。2016年、やまなし県民文化祭賞受賞。ジャガイモを版にして刷る“じゃがいも版画”を中心に作品を展示。問い合わせ・今村さん☎055(273)0677
切り絵で伝える“生きる喜び”坂部信子のきりえ展


「生きる喜び~アジアの人々の暮らしと祈り」3×1.5m(富士川・切り絵の森美術館提供)

6月23日まで身延・富士川・切り絵の森美術館。一般700円、小中生300円。水曜休館。坂部さんは愛知県在住。伝統的な日本の技法を踏まえつつ、独自の表現技法と視点で新たな切り絵の世界を拓いてきた。約40年にわたる活動を、切り絵作品53点とスケッチ、デッサンなどで紹介する。2005年開催の「愛・地球博」(愛知)に展示された大作「生きる喜び~アジアの人々の暮らしと祈り」などを展示。問い合わせ・同館☎0556(63)4500※関連イベントとして4日午前11時と午後1時から、坂部さんによるギャラリートークが開かれる。
花と実り



亀高文子作「ひなげし」(韮崎大村美術館提供)

26日まで韮崎大村美術館。一般500円、小中高生200円。水曜休館。収蔵作品の中から、花と実の2つのモチーフに焦点を当て、四季折々の自然の姿を描いた絵画を紹介。安井曾太郎「林檎とパイナップル」、亀高文子「ひなげし」など24点を展示している。問い合わせ・同館☎0551(23)7775
第23回版画の会リトルバード展

14日から19日まで県立美術館県民ギャラリーA、B。無料。メンバー36人の版画作品を展示。問い合わせ・同会事務局の今村さん☎055(273)0677
「平成」を振り返る

19日まで県立図書館閲覧エリア2階情報サテライト1。7、13日休館。東日本大震災や、バブル崩壊、消費税導入、日本人のノーベル賞受賞など、平成の30年間の出来事を「災害・事件」「経済・産業」「文化・スポーツ」「皇室」をテーマに計112冊の所蔵資料を紹介。問い合わせ・同館☎055(255)1040
4月19日号
PRAYER FOR FERTILITY~豊穣の祈り

マスク「アボゴ・ムオ」

マスク「アボゴ・ムオ」 ナイジェリア イボ 木に着彩(アフリカンミュージアム提供)

6月3日まで北杜・アフリカンアートミュージアム。火、水曜休館。入館料は一般700円、学生600円。保護者同伴の小学生以下無料。アフリカやオセアニア、インドネシアなど、それぞれの民族が豊穣、多産を願う儀式で使用した面や容器など約90点を展示。問い合わせ・同館☎0551(45)8111
4月12日号
平成31年度春季コレクション展

 5月26日まで県立美術館ミレー館。一般510円、大学生210円、高校生以下、65歳以上無料。ミレー館展示構成の一新によりパネル展示なども充実。問い合わせ・同館☎055(228)3322
開館30周年記念特設展 太宰治生誕110年~作家をめぐる物語

 27日から6月23日まで県立文学館企画展示室。一般320円、大学生210円、高校生以下、65歳以上無料。第一創作集「晩年」の出版や甲府の女性との結婚、戦後の活躍など作品だけではわからない太宰治をめぐる物語を紹介する。問い合わせ・同館☎055(235)8080※1階閲覧室では「人間失格」や「斜陽」などの代表作を紹介する。
平成貨幣展~貨幣に刻まれた平成の歴史

 5月30日まで甲府・山梨中銀金融資料館。金、土曜、祝日(29日から5月6日まで)休館。無料。記念貨幣「天皇陛下御在位20年記念」など、同館が所蔵している平成に製造・発行・流通した貨幣をパネルや年表と共に紹介する企画展。偽造防止技術などについても解説している。問い合わせ・同館☎055(223)3090
平山郁夫没後10周年記念展前編「群青の世界」

9月10日まで北杜・平山郁夫シルクロード美術館。一般1200円、高大生800円、小中学生無料。会期中無休。2009年に亡くなった日本画家・平山郁夫の作品群の中から、月刊誌「海」に寄せた表紙絵38点や個人コレクション、同館で未展示の作品などを展示。問い合わせ・同館☎0551(32)0225

●PR情報


※内容などが、主催者側の都合で変更になる場合もあります。ご了承下さい。※期間の過ぎた催しを掲載している場合があります。ご注意ください。
Column0
{column0}
●PR情報

{column0} {column1} {column2} {column3}

掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。Copyright © The YAMANASHI SHINPOU.