ヘッダー

山梨県内のイベント情報。
Column0
{column0}
ギャラリー 4月28日号
●PR情報
第21回版画の会リトルバード展

5月7日から14日まで県立美術館県民ギャラリーA。同会は同館で開かれた版画講座を受講したメンバーで結成。35人の作品約100点を展示。問い合わせ・県立美術館☎055(228)3322
feeLife YATSUGATAKE 甲州印伝を配したインテリア時計展示

甲州印伝を使ったデザイン時計
甲州印伝を使ったデザイン時計


29日県立図書館交流ルーム101。同グループは八ケ岳で活動するクリエイター3人で発足。時計のデザイン素材に甲州印伝を取り入れた作品8点を展示。問い合わせ同グループの清水さん☎090(6102)6656
4月21日号
野田修一郎-ふるさとの風景を描く-

「堰のある風景」
「堰のある風景」

「御勅使川のポプラ」
「御勅使川のポプラ」



5月28日(日)まで南アルプス市立美術館。入館料300(高大生250、小中生150)円。野田修一郎は1931年、甲府市生まれ。戦後すぐに上京し、東京芸術大学日本画科に入学、74年、日展初出品で特選を受賞、76年、日春展で日春賞を受賞するなど、中央画壇で活躍した。89年に北杜市明野村にアトリエを建て、93年に他界するまで叙情的な日本画や山梨の豊かな自然を描き続けた。南アルプス市周辺の風景画など約40点を展示。
南陽会第47回展覧会

芦沢満さんの作品「つばき」
芦沢満さんの作品「つばき」


29日から5月5日まで市川三郷・ギャラリーイマージュ。人物、風景など同会メンバーが描いた油彩、水彩画、水墨画など約20点を展示。問い合わせ・同会事務局の小池さん☎055(272)1794
第14回いちえ会展

5月2日から7日まで県立図書館1階イベントスペース。絵手紙、水切り絵、パステル画など68人の作品約200点を展示。問い合わせ・同会の武田さん☎055(273)0439
4月14日号
岸田夏子が描く清春の桜〜競演 天然記念物のサクラ今昔

「平和へのメッセージ─夜やすらぎ(部分)」2002年
「平和へのメッセージ─夜やすらぎ(部分)」2002年


5月7日まで北杜市郷土資料館。200円、小中学生100円。同市清春の桜をモチーフに描いた「平和へのメッセージ」3部作を展示するほか、同市内にある7件の国、県、市指定天然記念物の桜の今昔をパネルで紹介。問い合わせ・同館☎0551(32)6498
月カフェで月の絵と月のコンサート

伊藤さんの作品
伊藤さんの作品


30日まで大月・月カフェ。武蔵野美術大非常勤講師の伊藤仁さんの絵画を展示。また15日午後3時から東京都青梅市在住の光野真理さんによるピアノの弾き語りが行われる。「月の光」など演奏。30人。2000円(ドリンク・ケーキ付き)。申し込み問い合わせ・伊藤さん☎090(4958)3978
植物画の世界 国立科学博物館筑波実験植物園主催
第32回植物画コンクール入選作品

片木千鶴子さんの作品
一般の部 文部科学大臣賞 片木千鶴子さんの作品 「キダチアロエ」


5月7日まで富士川・県森林総合研究所・森の教室。無料。同コンクールは、自然への理解を深める学習支援活動の一環として毎年行われている。2016年度は全国から小、中・高校生、一般の3部門で2454点の応募があり、その中から文部科学大臣賞3点、国立科学博物館長賞3点、筑波実験植物園長賞3点、佳作32点、準佳作65点など計106点が受賞した。今展ではこのうち文科大臣賞など51点を展示。問い合わせ同研究所☎0556(22)8111
4月7日号
特別展「バロックの巨匠たち」


アンソニー・ヴァン・ダイク「エジプトへの逃避途上の休息」 ヨハネ・パウロ2世美術館蔵 ©Museum John Paul Ⅱ Collection


4月15日から6月11日まで甲府・山梨県立美術館。一般1000円、大学生500円、高校生以下無料。問い合わせ・同館☎055(228)3322
吉田光雄、茂垣栄子二人展

30日まで甲府・ギャラリーShinsei。吉田さんは上海生まれ、北杜市在住の画家。1979年一陽展特待賞、92年日本ブラジル現代美術展日伯賞などを受賞。油彩画約10点を展示。茂垣さんは甲斐市在住で甲斐水彩会員。水彩画約10点を展示。問い合わせ・アートハウスエミュー☎055(228)8727
3月24日号
企画展 ブータンしあわせに生きるためのヒント

ナムギャルマ(仏頂尊勝母)タンカ
ナムギャルマ(仏頂尊勝母)タンカ(ブータン王国国立博物館蔵)

20世紀後期の女性用衣装キラ
20世紀後期の女性用衣装キラ (ブータン王立テキスタイルアカデミー蔵)

グル・パドマサンバヴァ坐像 16世紀に制作されたグル・パドマサンバヴァ坐像(ブータン王国国立博物館蔵)


5月15日まで笛吹・県立博物館。1000円。大学生500円。高校生以下無料。山梨新報社など後援。ブータンは密教の流れをくんだ仏教国として「神々の宿る国」と呼ばれるほか、2005年の国勢調査では「幸せ」と回答した人が国民の約97%を占めるなど「世界一幸せな国」としても知られる。本展では同国の歴史や文化を日本初公開となる貴重な資料などで紹介。豊かな暮らしとは何か、しあわせに生きるとは何かを考えていく。問い合わせ・同館☎055(261)2631
3月17日号
古屋久実絵画展

古屋さんの作品「一宮の春」
古屋さんの作品「一宮の春」


5月30日まで甲府・レストランショコラ。古屋さんは笛吹市在住。油彩、水彩、日本画など6点を展示。問い合わせ・アートハウスエミュー☎055(228)8727
3月10日号
季節の彩り花展

金山桂子「紫カラーとサンゴ草の花」
金山桂子「紫カラーとサンゴ草の花」F10号 油彩画


11日から5月28日まで韮崎大村美術館。510円、小中高生210円。花をテーマに日本画、油彩画、版画などの作品20点を展示。また、季節の変化を感じられるよう、春夏秋冬の四つのコーナーに作品を分ける。山梨新報社など後援。問い合わせ・同館☎0551(23)7775※4月1日からは入館料改訂により一般500円、小中高生200円に。
2016年度ヤング・ポートフォリオ展

アル・ラプコフスキーさんの作品
アル・ラプコフスキーさんの作品 「I need more Lego(もっとレゴがほしい)」2016 ©Al LAPKOVSKY


18日から6月18日まで北杜・清里フォトアートミュージアム。800円、学生600円、中高生400円。35歳以下を対象に公募した26カ国205人、5123点の中から同館が購入した25人の作品158点を展示。問い合わせ・同館☎0551(48)5599

●PR情報


※内容などが、主催者側の都合で変更になる場合もあります。ご了承下さい。※期間の過ぎた催しを掲載している場合があります。ご注意ください。
Column0
{column0}
●PR情報

{column0} {column1} {column2} {column3}

掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。Copyright © The YAMANASHI SHINPOU.