ヘッダー

山梨県内のイベント情報。
Column0
{column0}
ギャラリー 10月13日号
●PR情報
安野光雅の世界展
 おおきなもののすきなおうさま から わたしの好きな子どものうた まで

おたより
おたより(しぜんのくに 1977年10月)
津和野町立安野光雅美術館蔵 ©空想工房



12月3日まで南アルプス市立美術館。入館料一般500円、大高生300円、中小生200円。絵本作家・安野光雅の作品の内、幼児向け雑誌『しぜんのくに』の表紙を飾った「おたより」や、『おおきなもののすきなおうさま』、最新作『わたしの好きな子どものうた』の原画など約80点を展示。問い合わせ・同館☎055(282)6600※休館日:10月16、23、30日、11月6、13、20、24、27日
第17回お・び・の会展

河合とも子さんの作品
河合とも子さんの作品「奏でる(UTAIRO)」


18日まで県立美術館県民ギャラリーC。山梨大美術部OB21人による展覧会。油彩、水彩、パステル画、版画など、小品から100号までを展示するほか、今展から書道作品も加わっている。作品総数約80点。問い合わせ・同展広報の橘さん☎055(252)0605
文学者の誕生日にちなんだ資料紹介〜田中冬二

19日まで県立文学館1階閲覧室。無料。冬二は福島県出身で1894年10月13日生まれ。山梨を好んで訪れ「河口村」、「甲府にて」、「富士ビューホテル」などの詩のほか、奈良田(早川町)や増富温泉(北杜市)についての随筆を残している。これら著書や関連資料を展示。問い合わせ・同館☎055(235)8080
ふそとけいてん・扶蘇真弓 刺繍入り時計

扶蘇さんの作品
扶蘇さんの作品


22日まで甲府・カフェ&ギャラリー富雪。扶蘇さんは兵庫県出身で甲斐市在住。刺繍枠を使ったオリジナル時計約20点を展示。問い合わせ・扶蘇さん☎090(3677)3797
着物地で創る洋服展

16日まで北杜・ギャルリー・アビアント。同市在住の松村智佐子さんが大島紬、結城紬などの素材を使い仕立てたコート、ジャケット、ワンピースなど25点を展示。問い合わせ・同ギャラリー☎0551(36)4678
9月15日号
中込靖成展

中込靖成「Landscape1251」
中込靖成「Landscape1251」


24日から10月22日まで笛吹・iGallery DC。中込さんは、中央市生まれ。東京造形大絵画科卒。国内はじめ、アメリカやイタリアなどでの個展のほか、ワークショップも開き精力的に活動している。「Landscapes2017」をテーマにしたシリーズの中から近作、新作の油彩、アクリル画15点を展示。問い合わせ・同ギャラリー☎055(262)0309
6月30日号
パトリシア・フィールド アート・コレクション:パトリシア・フィールドの世界

「無題(マネートーク)」作者不詳
「無題(マネートーク)」作者不詳


7月1日から11月19日まで北杜・中村キース・ヘリング美術館。1000円、シニア(65歳以上)900円、大学生700円、13歳〜18歳500円。パトリシアさんはアメリカ・ニューヨーク生まれの衣装デザイナー。映画「プラダを着た悪魔」、「セックス・アンド・ザ・シティー」などのスタイリストとしても知られる。同館が収蔵しているパトリシアさんのアートコレクション190点のうち、約120点を展示。問い合わせ・同館☎0551(36)8712
6月23日号
西村豊「八ヶ岳 生きもの ものがたり」


「サルノコシカケにのるヤマネ」
1984年西村豊©Yutaka Nishimura



7月1日から12月3日まで北杜・清里フォトアートミュージアム。800円、学生600円、中高生400円、小学生以下無料。西村さんは京都市出身。23歳の時、長野県に移住し28歳で自然写真家として独立。同県富士見町では小学校で自然教室を担当するほか、自然観察インストラクターを務める。八ケ岳をフィールドに、40年間活動してきた西村さんの写真約200点を展示する。問い合わせ・同館☎0551(48)5599

●PR情報


※内容などが、主催者側の都合で変更になる場合もあります。ご了承下さい。※期間の過ぎた催しを掲載している場合があります。ご注意ください。
Column0
{column0}
●PR情報

{column0} {column1} {column2} {column3}

掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。Copyright © The YAMANASHI SHINPOU.