美術館・博物館トップへ
フジヤマミュージアム
山梨県富士吉田市新西原5-5597-103
TEL.0555(22)8223
入館料
一般1000円(700)
専・大学生800円(500)
高校生600円(400)
中学生500円(300)
小学生以下は無料、中学生は毎週土曜日のみ無料
()は15人以上の団体料金
※富士急ハイランドのフリーパスチケット利用者及び、ホテルハイランドリゾート、ホテルマウント富士の宿泊客は入場無料
開館時間
平日:午前10時〜午後5時30分
土曜日:午前10時〜午後8時30分
日・祝日・夏期シーズン:午前9時〜午後8時30分
(入館は閉館30分前まで)
休館日
不定休
展示替え等の臨時休館あり
交通機関
富士急行線富士吉田駅下車、車で5分/富士急バス富士急ハイランドバス停下車すぐ/中央自動車道河口湖I.C.から2分
駐車場
ホテルハイランドリゾートの駐車場を利用



公式ホームページへ


map195Aへ
地図をクリックして拡大

 富士急行(堀内光一郎社長)が、創立75周年の記念事業として2003年7月に設立した美術館。40年以上にわたって収集してきた富士山の絵画、なかでも近現代の画家の作品をコレクションし、収蔵作品は200点以上に及ぶ。常時50から60点を展示、季節に応じて年2回の展示替えをしている。
 国道139号線沿いのホテルハイランドリゾートの地下一階から続く連絡通路を通り美術館へ。建物は二階建て。全館を見渡せる吹き抜けの明るいアトリウムを中央に配し、スロープ状の回廊を歩きながら絵画鑑賞ができる。三層特殊ガラスを採用し、絵画に悪影響を与える紫外線を除去しながら、自然光を取り入れる工夫がされている。全館バリアフリーで、富士急ハイランド側からも入場できる。
 代表的な作品は、梅原龍三郎の「富士山三津波」、奥田元宋の「富嶽秋耀」、奥村土牛の「冨士」、横山大観の「三保乃不二」などで、洋画、日本画、それぞれの画家の眼を通した様々な富士が鑑賞できる。 また、特別展示では、絹谷幸二画伯と長嶋茂雄氏(読売ジャイアンツ終身名誉監督)の合作作品をはじめ片岡鶴太郎、八代亜紀など、芸能人の作品も展示している。
 館内併設のホールには、150インチの大型スクリーンが設置され、富士山の自然美をハイビジョン映像で紹介した「美・富士」と所蔵作品や画家本人が登場する「富士を描く」の2種類の映像が楽しめる。また、館内にはオリジナルのハンカチやポストカード、クリアファイルなどを販売するショップ、オリジナルデザートや軽食も楽しめるカフェも併設されている。
 毎月1回、子どもを対象とした美術教室なども開いている。展示替え等で臨時休館する場合があるので、事前に問い合わせを。
 

カフェ

50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観











Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。