外観

  富士河口湖町立 河口湖ハーブ館  

 南都留郡河口湖町では、北海道の富良野市と平均気温がほぼ同じであることに着目し、ラベンダーの栽培をしたところ、富良野より一ヵ月早く開花した。河口湖町にはもともとハーブの愛好家グループが活動していたこともあり、富士河口湖ふるさと振興財団がハーブの魅力とその香りの文化を広める ための拠点をつくった。それが河口湖ハーブ館だ。
 河口湖大橋南の料金所の近く、目の前に河口湖が広がる館内には、世界中のハーブが展示されているほか、 敷地内の畑や温室で150種のハーブが栽培されていて、“富士と湖と香りの庭”といったおもむき。また、「カルチャースタジオ」では「体験コーナー」として「押し花教室」「アレンジフラワー教室」が随時開かれている。
 平成2年に開館してから、スタッフもハーブについて研鑚を重ねたが、知れば知るほどハーブの世界は広く、深いという。いまではスパイスや漢方薬、芳香療法、無農薬食品などと間口を広げ、来客のニーズに応えている。
 「日本ではまだまだ市民権のないハーブ。もっと多くの人にその魅力を知ってほしい。知るためにこの館を利用してほしい」とインストラクター。より深くハーブを知ってもらうための講習会を、年に大小百回も開いている。香りの 文化を育てながら、この館自体が成長しているようだ。
 25種類ものハーブティーが楽しめるティールーム 「香りの散歩道」や苗、ティー、アレンジフラワーなど の売店を併設。“ラベンダー ・ソフトクリーム”も人気。

ハーブ園風景

入館料 無料
開館時間 午前9時〜午後6時
休館日 年中無休
駐車場 県営駐車場に200台
交通機関 富士急行線河口湖駅から徒歩15分
中央自動車道河口湖I.C.から約10分
住所
電話番号
山梨県南都留郡富士河口湖町船津6713-18
0552(72)3082

Map

リストへもどる