美術館・博物館トップへ
河口湖ミューズ館・与勇輝館
山梨県南都留郡富士河口湖町小立923 八木崎公園 内
TEL.0555(72)5258
入館料
一般600円(540)
中・高校生400円(360)
小学生以下無料
()内は8人以上の団体料金
開館時間
午前9時〜午後5時
(入館は閉館30分前まで)
休館日
木曜日、年末、展示替えの日
(年始は開館、7月〜9月は木曜日も開館)
交通機関
富士急行線河口湖駅からレトロバスで12分 河口湖ミューズ館入口バス停下車徒歩2分/中央自動車道河口湖I.C.から約7分
駐車場
八木崎公園に大型バスなど約50台



公式ホームページへ

map193へ
地図をクリックして拡大

 河口湖の南、6〜7月にはラベンダーの花で一面紫色に染まる八木崎公園の一角にたたずむ河口湖ミューズ館は、高名な人形作家・与勇輝氏の作品を常設するただ一つの美術館。
 平成5年6月に誕生したこの美術館には置屋に養女に出された悲しげな少女「置屋のみね」や「ちゃんのおつかい」など与氏の代表作が常時70〜80体展示されている。
 「布の彫刻」と評される与氏の人形は木綿の布を素材としているが、1体が完成するまでに3ヵ月がかかるという。暗い館内でスポットをあび浮かび上がる人形たちからは、静かにただよう暖かさとともに、本当に生きているかのような力強さを感じる。
 人形は半年に一度展示替えされ、新作を集めた特別展も開催される。また、第3展示室では絵本や挿し絵、 イラストなどの企画展も開かれる。売店、喫茶室を併設。
ミュージアムショップ
ミュージアムショップ
50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観







Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。