美術館・博物館トップへ
石和写真美術館 展示室
山梨県笛吹市石和町川中島112-1
TEL.055(262)6161
入館料
大人600円
小人300円
開館時間
午前9時〜午後5時
休館日
無休
交通機関
JR中央本線石和温泉駅から徒歩10分/ 中央自動車道一宮御坂ICから車で5分
駐車場
10台



公式ホームページへ


map174へ
地図をクリックして拡大

 写真家・北沢勉(1936〜2000)が「写真文化のローカル拠点」を目指し1988年に開設した写真専門の美術館。
 北沢氏は群馬県出身で土門挙氏に師事。1961年に水俣病をテーマにした「漁民の手」で第11回日本写真家協会新人賞を受賞。1975年以降は、自作の大型カメラで「報道的風景」や「あるがままの自然」をテーマに日本の風景を撮り続けた。
 現在、館内は北沢氏の作品を中心に常時100点以上を展示。1階から3階合わせて1000u近い広大なギャラリーに加え、多目的に使用できる研修施設(宿泊可・温泉付き)も併設している。2、3階の展示室には、ハイビジョン(35mmフィルムの35倍の画素数)、パノラマ、シネマスコープ、5×7(97.5cm×137.5cm)サイズの超大型風景写真が展示され、畳1畳分よりも大きな作品もある。
 作品はすべて自然光で撮影され、低い視点で捉えた草木や石、置き去りにされた物や、朽ち果てようとする植物などが独特の世界を醸し出している。
 1階では「霊峰・大富士展」を特設。リバーサルフィルムの後ろから光を当てる「コルトン方式」を使って、刻一刻と変化する富士山や白糸の滝を、暗い室内空間に鮮やかに浮かび上がらせている。
 北沢氏が自作して使用した大型カメラも展示している。
50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観

外観

展示室

展示室

展示室

展示室

展示室



Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。