美術館・博物館トップへ
山梨県立科学館
山梨県甲府市愛宕町358-1
TEL.055(254)8151
入館料
一般・大学生500円(400)
高校生300円(240)
小・中学生200円(160)
()は20人以上の団体料金
開館時間
午前9時30分〜午後5時
(入館は閉館30分前まで)
休館日
月曜日(祝日の場合は翌日)、 年末年始、その他臨時休館日あり
交通機関
JR中央本線・身延線甲府駅北口から徒歩25分/JR甲府駅北口から科学館行きバス(土・日・祝・夏季)
駐車場
300台 大型バス可



公式ホームページへ


map171へ
地図をクリックして拡大

 舞鶴城公園内にあった青少年科学センターに変わる施設として1998年7月21日、甲府市街を見渡せる愛宕山にオープンした。施設は展示部門、スペースシアター、学習部門に分かれている。
 展示部門の基本テーマは「人間をめぐる旅」。科学と人間の関係を見つめたいという思いが込められている。ダーウィンやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ニュートン、エジソン、アインシュタインら10人の科学者たちを通じて「サイエンスプレイ」、「自然」、「生命」、「科学技術」、「地球」、「宇宙」を紹介している。人工降雪機によりマイナス3度の世界を体験できる装置、竜巻発生装置、天秤の機構を用いた月面歩行、ネコやトンボの視覚などを体験できるほか、「超低温の世界」や「ケミカル・マジックショー」などのサイエンスショーが行われている。
 スペースシアターには、木星や火星など太陽系の惑星からの星空や、40万年後の北斗七星の姿などを見ることができる一球式プラネタリウム「GSS-ヘリオス」を備えている。さらに、アストロビジョンによりプラネタリウムのドーム全体をスクリーンにした映画も鑑賞できる。
 学習部門では、科学実験や工作を行う「実験工作室」と天体望遠鏡を備えた「天体観測室」があり、各種プログラムが行われている。
 このほかに、施設にはミュージアムショップや軽食レストランがあり、屋外には甲府盆地を一望できる展望テラスや野外遊具がある。
50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観








竜巻発生装置


太陽系惑星の姿



Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。