美術館・博物館トップへ
増田誠美術館
山梨県都留市中央3-9-3都留市ふるさと会館2F
TEL.0554(45)4111
入館料
特別展 一般600円(420)
高・大学生400円(280)
小・中学生200円(140)
企画・常設展
一 般300円(210)
高・大学生200円(140)
小・中学生100円(70)
( )は20人以上の団体料金
※ミュージアム都留と共通
開館時間
午前9時〜午後4時30分
(入館は閉館30分前まで)
休館日
毎週月曜日、祝日の翌日、毎月第3火曜日、年末年始
交通機関
富士急行線谷村町駅下車徒歩10分/国道139号線沿いにふるさと会館の案内板
駐車場
20台



公式ホームページへ


map197Bへ
地図をクリックして拡大

 増田誠美術館は都留市ふるさと会館2階に平成4年6月オープン、その後、ミュージアム都留の分館となった。
 増田誠(1920〜1989)は1920(大正9)年、旧谷村町で生まれ、旧制都留中(現都留高)を卒業。兵役後、北海道釧路市に移り住み、看板業を営むかたわら、帝展画家・上野山清貢氏に師事。1957年、37歳で単身渡仏した。その後、サロンドートンヌ会員。ル・サロンに出品し金賞に輝くなど、フランス国内で数々の賞を受賞、国際的な画家としての地位を確立した。
 なにげない風景や、庶民の日常生活を明るく生き生きと描き出した作品が多く、 とくに水の描写を得意とし たことから、パリ画壇では「水のマスダ」とも評され た。また、在仏日本人画家の世話人として“パリの村長さん”と慕われる一面も あったといわれる。
 肺炎で亡くなる直前の1989年4月には都留市に帰郷。3ヵ月間滞在し、桂川や富士山、 三ツ峠、南アルプスなどを描いた風景画「ふるさと」 シリーズ14点を残した。 都留市名誉市民第1号の称号も受けた。
 同館では、パリの風景をはじめ、カフェやチェスをしてくつろぐパリジャンたちを、詩情豊かに描いた油彩画と版画の代表作など144点を所蔵。うち30数点を常設展示するほか、同氏にゆかりのある画家などの特別展も開催している。  

ブキニスト
ブキニスト」30号(1988年)
50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観









Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。