美術館・博物館トップへ
河口湖オルゴールの森美術館
山梨県南都留郡富士河口湖町河口3077-20
TEL.0555(20)4111
入館料
一般1300円(1100)
高・大学生1100円(900)
小・中学生800円(600)
()は15人以上の団体料金
開館時間
午前9時〜午後5時30分
(入館は閉館30分前まで)
休館日
無休
交通機関
富士急行線河口湖駅から車で10分/中央自動車道河口湖I.C.から15分
駐車場
普通車300台 大型バス30台



公式ホームページへ


map193へ
地図をクリックして拡大

 スイスのオルゴールに魅せられた、レストランうかいグループの創業者・鵜飼貞男氏が、スイスの雰囲気を持つ富士山の麓、河口湖畔に建てた音楽に彩られた花の庭園。園内にはエントランスホール、オルゴールミュージアム、レストラン、ミュージアムショップ、教会などが点在、河口湖を眺めながらローズガーデンなどを散策でき、五感で楽しめる施設となっている。
 主にスイス、フランス、ドイツで作られたオルゴール約50点、自動演奏楽器約100点を収蔵、一部を展示する。収集品はほぼすべてが演奏可能。エントランスホールの壁面には世界最大級のダンスオルガン(自動で演奏されるパイプオルガン=写真下)が組み込まれている。
 オルゴールミュージアムでは、大小の自動演奏楽器を展示。コンサートホールがあり、タイタニック号に乗せる予定だったオーケストリオンなどを中心に平日は6回、土・日曜は7回、実際に演奏される。演奏にはチェコの演奏家も参加、弦楽四重奏が楽しめる。さらに、オルゴールの演奏に合わせ人形が動く“オートマタ”の展示コーナーがあり、本当にフルートを吹いているかのように指を動かしながら小鳥とデュエットする少年の人形などが愛らしい動きを見せてくれる。
 


50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観





ショップ
ミュージアムショップ


Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。