美術館・博物館トップへ
桔梗屋 お菓子の美術館
山梨県笛吹市一宮町坪井1928桔梗屋本社工場敷地内
TEL.0553(47)3700(代)
入館料
無料 (桔梗信玄餅の包装体験は350円)
開館時間
午前9時〜午後5時
休館日
無休
交通機関
JR中央本線石和温泉駅から車で5分/中央自動車道一宮・御坂I.C.から5分
駐車場
普通車100台 大型バス10台



公式ホームページへ


map174へ
地図をクリックして拡大

 桔梗屋の本社工場に隣接する、工芸菓子の美しさと職人技を紹介する美術館。桔梗屋は江戸時代後期から和菓子作りの技術を継承する、全国的に有名な「桔梗信玄餅」を製造・販売する菓子メーカー。
 「岩手菓子博'98」に山梨県菓子工業組合の代表として出品し、「工芸大賞」を受賞した「花爛々」(写真上)を中心に、四季の花々を実物大で本物そっくりに作られた工芸菓子30点を展示。軸以外はすべて米の粉と砂糖で作られ、1点につき菓子職人が半年を費やす労作。
 「花爛々」は春の花5種が牛車に積まれた華麗な花車。「錦秋」は見事に色づいた紅葉。ほかにアジサイ、フジ、ウメなどの花々が並ぶ。「土佐の尾長鶏」は高さ2mを超す大作。さらに、コイやアユなどの魚も愛嬌のある表情を見せてくれる。
 館内にはほかに、「焼き判」「抜き型」など100年近い歴史を持つ菓子づくりの道具も展示。桔梗信玄餅の包装体験(350円。包装した桔梗信玄餅は持ち帰る)もできる。
 敷地内には同社製品を販売する「東治郎一宮店」、食事もできる甘味処「水琴茶堂」、お菓子詰め放題が人気の「工場アウトレット・社員特価販売1/2」などがある。



「東治郎一宮店」

50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観



「錦秋」

(拡大写真)



「土佐の尾長鶏」









Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。