美術館・博物館トップへ
竹中英太郎記念館
山梨県甲府市湯村3-9-1
TEL.055(252)5560
入館料
高校生以上300円
小・中学生200円
開館時間
午前10時〜午後4時
休館日
火・水曜日
交通機関
JR中央本線・身延線甲府駅北口から車で10分/湯村温泉入口バス停下車徒歩4分
駐車場
8台(乗用車のみ)



公式ホームページへ


map170へ
地図をクリックして拡大

 湯村山の麓(ふもと)、富士山や甲府盆地の町並みを一望できる高台にある竹中英太郎記念館。同館入口へと続く通路は、竹中英太郎(1906−88)本人が作った石畳で、景色の美しさを詠んだ漢文を彫った石が埋め込まれている。
 昭和初期、幻想的で怪奇な画風で挿絵界に登場し、若くして大衆画壇の頂点に立った同氏の作品を紹介するため、2004年4月10日にオープンした。都会派の雑誌として若者に人気があった「新青年」や「朝日」を中心に、江戸川乱歩や横溝正史、夢野久作らの小説のために描かれた挿絵を展示。原画のほかに、作品を掲載した雑誌、レコードジャケット、チラシ、ポスター、映画用原画が整然と飾られている。また、戦後、ルポライターだった長男の労氏のために描いた本の表紙絵も並ぶ。
 また、画材、色紙なども作品の入れ替えごとに展示している。
 


50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観









Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。