美術館・博物館トップへ
雲峰寺宝物殿
山梨県甲州市塩山上萩原2678
TEL.0553(33)3172
入館料
300円(250)
()は15名以上の団体料金
開館時間
午前9時〜午後5時
休館日
月曜日
交通機関
JR中央本線塩山駅から大菩薩登山口行きバス終点下車徒歩5分/塩山駅から車で20分
駐車場
20台



公式ホームページへ


map176Aへ
地図をクリックして拡大

 大菩薩峠への入り口にある裂石山雲峰寺は、天平17年(745)、行基が開いたとされる由緒ある寺院。本堂、庫裏、書院、仁王門がすべて国の重要文化財に指定されている。
 宝物殿には、武田家の家宝である日本最古の「日の丸の御旗」、紺地に金字で書かれた「風林火山」の旗として有名な信玄の軍旗「孫子の旗」、信玄の御身旗「諏訪神号旗」、信玄馬前の標識とした「馬標旗」などのほか、武田の古文書類が多数保存されている。旗類は、武田信玄の子・勝頼が天目山の合戦で敗れ滅亡した際、託された家臣が山伝いに運び寺に納めたもの。
 境内中央には推定樹齢700〜800年というエドヒガンザクラ(県指定天然記念物)の大木が枝を伸ばし、4月末には見事な花を咲かせる。190段以上の石段や、うっそうとした杉木立の中に点在する石仏など、山間の霊場の趣きを味わえる。本堂ではぜひ合掌を。


50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観









Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。