美術館・博物館トップへ
ゆめソーラー館やまなし
山梨県甲府市下向山町3443-1
TEL.055(269)6685
入場料
無料
開館時間
午前9時30分〜午後4時30分
休館日
月曜日(祝日を除く)、祝日の翌日(土、日、祝日を除く。4月30日から5月5日までは開館)、12月29日〜1月3日
交通機関
中央高速道路・甲府南ICから車で約5分
駐車場
大型バス3台、普通車23台





より大きな地図で 「山梨の美術館・博物館ガイド」 を表示

 山梨県と東京電力が甲府市南部の米倉山に共同で設置した「米倉山(こめくらやま)太陽光発電所」内に、「ゆめソーラー館やまなし」がある。館内は「太陽エネルギーゾーン」と「山梨のエネルギーゾーン」に分かれており、再生可能エネルギーや地球温暖化対策、最新の発電技術などを、展示物と映像で紹介している。
 入口をはいるとまず「太陽エネルギーゾーン」の球体スクリーンに目がいく。手前にあるタッチパネルで地球温暖化などを映し出し、壁面のモニターでは太陽エネルギーや太陽光発電、米倉山太陽光発電所の開設を解説している。
 「山梨のエネルギーゾーン」では、天井からつり下げられた3つのスクリーン、床面にプリントされたパネル、クイズマシーンなどで、山梨のエネルギーを紹介している。
 また、同館ではCO2排出ゼロ運営を目指し、屋上に設置してある太陽光発電パネルと雨水利用の小水力発電、地中熱利用システム、燃料電池によりエネルギーの自給自足をおこなっている。施設から少しのぼったところに展望台があり、同発電所全体のほか、大菩薩連嶺方面を望める。

50音リストへ
地域別リストへ
美術館・博物館トップへ
トップページへ
外観

展示

展示

外観


Copyright © YAMANASHI SHINPOU All Rights Reserved.
掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。