ヘッダー

シリーズ12
 
「甘々娘(かんかんむすめ)」で町を活性化
丹沢さん

トウモロコシ「甘々娘」栽培農家 丹 沢  淳 さん
 
 糖度15度、豊潤な甘さが口いっぱいに広がり、採り立ては生でも食べられるフルーツコーンの代表格「甘々娘」。市川三郷町では収穫のピークを迎えている。三珠地区の丹沢淳さん(63歳)は、畜産、養蚕、稲作と農業一筋。今年3月までJA西八代野菜部会長を務めた。「甘々娘」の栽培に取り組んで12年、いまや全国に知られる同町の特産物となった。ネーミングは農協、種苗業者、市場関係者によるもの。昭和24年にヒットした歌謡曲「銀座カンカン娘」がヒントだという。
 「気温の変化に敏感で栽培の難しい品種だが、市川三郷町のきめの細かい肥沃な土と、豊かな水、長い日照時間が栽培に適していた」と分析する。全国ブランドとなった今も、品質の維持と栽培技術の向上に力を入れている。
 「甘々娘を全国にPRして、市川三郷町を活性化し、山梨の元気を伝えたい」と丹沢さん。明日18日には「甘々娘収穫祭」が市川三郷町・歌舞伎文化公園で開催される。「今年の甘々娘は天候にも恵まれ出来はいいよ」と笑顔でアピールする。


プロフィール たんざわ まこと
 1948年、市川三郷町(旧三珠町)生まれ。20歳から農業に従事。三珠農産物販売組合「安心の館」組合長。一男一女を育て、現在は圭子夫人と二人暮らし。


丹沢さん


「山梨新報」2011年6月17日掲載


提供YSKe-com
Column0
{column0}

トップページへ
今週の紙面 山梨の美術館・博物館 INFORMATION 山梨新報社の本
やまなしのサクラ やまなし紅葉めぐり 山梨の美術作家一覧 あなたの本を作りませんか?
直言 山梨新報のご案内 会社概要 定期購読
更新記録 個人情報について リンク集 広告

掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。Copyright © The YAMANASHI SHINPOU.