ヘッダー
学校給食拝見
山梨新報 2010年10月29日掲載 
竜王小メニュー
    文字の上にカーソルを乗せて下さい。
大好きなカレーだよ!
秋山さん  カレーをメーンに子どもたちの好きなメニューをそろえました。全校児童、教職員合わせて498人分のカレーライスを作るために、ジャガイモ31㌔、ブタ肉15㌔を使ったと話すと、子どもたちみんな目を丸くしていました。


「学校給食拝見」トップへもどる
甲斐市立竜王小
栄養教諭

秋山ユキさん
山梨新報 2010年10月22日掲載 
甲府市立南西、東、城南、笛南中統一メニュー
    文字の上にカーソルを乗せて下さい。
スープもOK!
石上さん  市立中の給食は来年度から、あらかじめ各自に盛り付けられた仕出し弁当方式をやめ、食缶を使って教室で各自に盛り付ける方式に変わります。既に4校の統一メニューでは今年度から試験的に先行実施しています。 食缶方式は保温保冷に優れているため、メニューの幅も広がりました。今までスープ類はメニュー化できませんでしたが、今回はチキンスープを用意。「さっぱりしておいしい」と好評でした。


「学校給食拝見」トップへもどる
甲府市教育委員会
栄養士

石上三千子さん
山梨新報 2010年10月15日掲載 
富士河口湖町立河口湖北中、河口小、大石小メニュー
    文字の上にカーソルを乗せて下さい。
デザートも重要です
相川さん  栄養士1年目。子どもたちの反応や先輩のアドバイスを見聞きしながらメニューを考えています。特に工夫しているのがデザートです。今回は中華料理なので、食後、さっぱりしてもらおうと冷凍ミカンを用意しました。


「学校給食拝見」トップへもどる
河口湖北中学校
栄養職員

相川陽子さん
山梨新報 2010年10月8日掲載 
南アルプス市立豊小メニュー
    文字の上にカーソルを乗せて下さい。
地産地消に関心を
小泉さん  食材は小魚を除きすべて地元産です。地産地消に関心を持ってもらおうと企画しました。ブタの飼育や野菜栽培の話、さらにイチゴアイスは「ほたるみ館」(市農産物加工販売施設)で作られたことなど説明すると、子どもたちは「家に帰ったら、今日の給食の話をしたい」と喜んでいました。


「学校給食拝見」トップへもどる
豊小栄養士
小泉真智子さん
山梨新報 2010年10月1日掲載 
甲府市立小学校統一メニュー
    文字の上にカーソルを乗せて下さい。
人気の秘密は“辛みそ”
小林さん  校内の人気メニューアンケートでは、いつもビビンバとカレーライスがトップを競い合います。ビビンバは2カ月に1回提供しており、子どもたちは朝から楽しみに待っていてくれます。人気の理由は辛みそです。低学年にはトウガラシの量を抑えていますが、ピリっとした辛さが食欲を増し、具材の肉や野菜を食べやすくしています。


「学校給食拝見」トップへもどる
舞鶴小主任
学校栄養職員

小林めぐみさん
Column0
{column0}

{column0} {column1} {column2} {column3}

掲載の記事・写真の無断掲載を禁じます。著作権は山梨新報社に帰属します。Copyright © The YAMANASHI SHINPOU.